雅楽協議会とは?

雅楽協議会は、雅楽の本質的な位置づけに努め、責任を持って次世代に文化を継承していくために、雅楽演奏者・関係者が協力して、この貴重な文化の維持・発展・継承に努める組織として設立されたものです

雅楽協議会 設立趣意書
アジア大陸の東、太平洋の西に位置する日本の文化は地理的に孤立した独自の民族性を有すると同時に歴史的にはアジアから多くの文化を吸収し、それを日本化して今日の日本文化の土台を築いている。 日本の原始時代から平安期の中期までの音楽文化は大陸文化の流入の前後で変容しているが、古代の音楽として歴史的に貴重な数々の実演芸術を今日まで伝えている。
その多くは厳格な宗教儀礼として重要な役割を担い、長い間、関係者のみの知る秘伝とされていたが、明治維新以後に社会制度の変容とともに組織も変わり、さらに第二次世界大戦後その在り様はかわり、今日では芸術の一領域として認識されるようになった。
しかるに、「雅楽」は日本の芸能の最も古いジャンルでありながら、その性質上一般への公開は歴史が最も浅いジャンルである。他の諸芸能と比べると、組織化は遅れており、芸術という視点での研究・保存等に関する機関が存在していないのが現状である。日本のみならず、アジアの誇る音楽・舞踊文化であり、世界レベルの無形遺産でありながら、その演奏芸術の伝承や知識の保存は家族伝承を中心とした個人に任せられており、現代社会の中では維持、発展、継承に困窮しているのが現状である。
変化の激しい現代社会の中で雅楽の本質的な位置づけに努め、責任を持って次世代に文化を継承していくためには、個人や一団体の枠を超えて互いに助け合い、協力していく人的組織化とその母体である拠点が必要である。
そこで雅楽演奏者・関係者が協力してこの貴重な文化の維持・発展・継承に努める組織として 仮称「雅楽協議会」を設立する。

主たる活動は、

雅楽の情報発信・情報交換
有形資料の研究・整理・公開
文献資料の保存・整備
無形文化・実演の公開と研究
古典部門・現代部門の両新人の育成
職人への援助
当面の活動

1]雅楽の情報発信、情報交換、を当面の活動と位置づけ、次の事業を行う。
○年間3回または4回の雅楽情報紙(情報・研究誌を含む)の発行。


設立発起人
敬称略 五十音順 2005年設立当時)

上野慶夫  洋遊会会長
榎本宗平  日本雅楽会理事長
遠藤 徹  東京学芸大学助教授
大谷紀美子 高知大学教授
岡野玲子  漫画家
小野功龍  雅亮会 理事長
加納マリ  武蔵野音楽大学講師
蒲生郷昭  日本大学芸術楽部教授
蒲生美津子 沖縄県立芸術大学教授
川口智康  音輪会 会長
故 岸辺成雄 東洋音楽学会名誉会長
木戸敏郎  京都造形大学教授
小島美子  国立歴史民俗博物館名誉教授
佐藤浩司  天理大学教授
高橋美都  京都芸術大学教授
田中英機  実践女子大学教授
田辺秀雄  東洋音楽学会 名誉会員
谷本一之  東洋音楽学会元会長
塚原康子  東京藝術大学助教授
故 東儀俊美  元宮内庁楽部首席楽長 芸術院会員
中川英男  大阪楽所代表理事 楽長
故 林 陽一  写真家
故 原 笙子  女人舞楽原笙会主宰
平原良治  佼成雅楽会楽長
松原 賢  画家
茂手木潔子 上越教育大学教授
八百谷啓  伶樂舎 事務局長


世話人
敬称略 五十音順 (2005年設立当時)

上野秀夫  洋遊会
大谷喜代治 雅楽天神会会長
大津山 高 東都雅楽会会長
大谷紀美子 高知大学教授
木村はるみ 山梨大学助教授・ダンスセラピー研究
鈴木治夫  日本雅楽会副理事長
寺本恭章  佼成雅楽会顧問
水谷川忠俊 絲竹会


コメントを残す